STD防止対策

STD防止対策

世代を問わず蔓延しているSTDは、まず自らの意志で掛からないようにする事が大切です。

STDにかからないようにする生活

クラミジアとは偏性細胞内寄生体といわれる別の生物の細胞内でしか増殖できない細菌の一種です。クラミジア自体には代謝エネルギーを生産する能力はなく、別の生物で生産されたエネルギーをもちいて成長、増殖する寄生体となります。
また、アミノグリコシド系はクラミジアには無効(不感受性)です。
クラミジアに有効なのは細菌のリボソームという細胞内小器官に結合し、細菌の生存に必要とされるたんぱく質の合成を阻害することによって細菌の生育を止めるマクロライド系、テトラサイクリン系抗生物質です。
また、細菌のDNAの合成を阻害することによってリボソームでのたんぱく質の合成を阻害するニューキノロン系抗生物質のいくつかはクラミジア治療において有効と言われています。
クラミジア治療にはマクロライド系抗生物質の投与を1日2から3回、1から2週間継続するのが一般的です。
しかし自覚症状が乏しいことから薬の投与忘れや、自己判断による投与の中断などで完治しないままになってしまうケースも多いと言われています。
薬個人輸入で取り扱っている『アジスラル』、『アジスロマイシン(ジスマロック)』は薬効が体内で作用するとされている半減期が非常に長く続くため、たった1回の服用でクラミジアを完治させられるといわれているお薬です。
また『レボクイン』はニューキノロン系の治療薬となります。
完治には2週間程かかるといわれています。
症状は数日でなくなることがほとんどですが、完治していないうちに治療を中断するとクラミジアが薬に対する耐性をつけ、治療が難しくなる可能性もあるため医師の指示に従って治療を受けることが必要です。
この他にもバラシクロビル塩酸塩を主成分とした『バルトレックス錠』なども、性器ヘルペスのウイルスを殺菌したり増殖を抑えたりすることで有名な治療薬となっています。
また、STDにならないようにする生活には、パートナー同士でお互いに感染させ合うピンポン感染があるため、両者の治療を同時に行うことも必要です。完治後も1年間に1回は検査を受けることが勧められています。

–おすすめサイト–
—-薬 個人輸入—-
—-淋病—-