STD防止対策
STD防止対策

世代を問わず蔓延しているSTDは、まず自らの意志で掛からないようにする事が大切です。

クラミジアの陰茎の症状とクローン病について

クラミジアが男性に感染した場合には陰茎に症状が出るのですが、主に尿道炎などが引き起こされるので陰茎の皮膚などに症状が出ることはありません。クラミジアは全身の粘膜に感染するので肛門から直腸にかけて感染をしたり、口の中や目の中にも感染するのですが男性の場合は陰茎ではなく、尿道に細菌が侵入するので尿と一緒に排出されることが多いとされていて、男性の場合はクラミジアの感染が少ないとされています。女性は性器の粘膜の面積が広いのでクラミジアなどの性感染症にかかりやすいので注意が必要で、不特定多数のパートナーがいる場合には定期的に検査を受ける必要があります。性感染症は同時に複数の細菌に感染していることが多いので、性病科を受診して専門的な検査を受けると早期発見をすることができます。クローン病は免疫疾患とされていて、全身に原因不明の炎症が起きる病気なので、大腸に炎症が起きた場合には潰瘍ができるので腹痛や下痢、血便などが主な症状とされています。クローン病は遺伝的な要因が関与している可能性も指摘されていますが、結核菌のような細菌やウイルスが原因の可能性もあるので、クローン病と診断されると様々な治療が行われて、一番効果の高い治療を継続して行うことになります。日本では人口10万人あたり27人程度がクローン病とされていてアメリカと比べると10分の1程度ですが、年々患者数が増えているので、とくに若年層には注意が必要です。世界的に見ると先進国に多いとされているので衛生環境や食生活が大きく影響している可能性もあります。一般的には動物性の脂肪の摂取が多い地域や生活水準が高い国に多いとされていて、喫煙をしているとクローン病のリスクが高まるとされています。