STD防止対策
STD防止対策

世代を問わず蔓延しているSTDは、まず自らの意志で掛からないようにする事が大切です。

母子感染の可能性があるSTD

母子感染の可能性があるSTD(性感染症)について説明していきます。
STDの中には母子感染の危険性がある病気もありますけど、性器クラミジア、淋菌、HIV感染症、性器カンジダなどがあり、他にもいくつかありますけど、このように母子感染する性感染症は非常に多いです。
つまり妊娠した時には性感染症に注意しなければならないですし、きちんと検査する必要があります。
妊娠すると妊娠検査をしてそこで性感染症があれば母子感染予防をしていく事になりますけど、かなり母子にとって大変な事になってきますので、なるべく妊娠前つまり性行為をする時に自分とパートナーの性感染症の検査をきちんとして問題がない場合に性行為をするという事が非常に大事になってきます。

特に母子感染の可能性がある性感染症についてはきちんと自分の中で把握しておき感染しないような知識を身につけておく事も必要になってきます。

また、母子感染の可能性がある性感染症は中には危険なものも多数存在していて感染してしまいますと胎児に大きな悪影響がでてきますので注意が必要なのです。

初めに述べた通り、母子感染の可能性がある性感染症の中にはクラミジアやヘルペス、カンジダなど比較的身近な性感染症が多いですので注意します。